医師紹介

広島静脈瘤デイクリニック閉院のお知らせ

広島静脈瘤デイクリニックは、2019年の開設以来、地域の患者様に寄り添い治療を続けてまいりましたが、
諸事情により、誠に勝手ながら2020年5月15日(金)を最終診療日とさせていただくことになりました。

■今後の診療について
最終診療日:2020年5月15日(金)

患者様にはご不便、ご迷惑をおかけし大変恐縮ですが、何卒ご理解をいただけますようお願い申し上げます。
また当クリニックにて静脈瘤の治療・相談をご検討いただいておりました患者様につきましては、
ご希望がございましたら「岡山下肢静脈瘤クリニック」をご紹介しますのでお気軽にお申し付け下さい。

皆様からの温かいご支援、ご愛顧に深く感謝申し上げますとともに、重ねて厚く御礼申し上げます。

広島静脈瘤デイクリニック
院長 今西 薫

ごあいさつ

下肢静脈瘤は日本人の中でも10人に1人、妊娠・出産経験のある女性では2人に1人という罹患の可能性が高い病気です。

下肢静脈瘤の症状は、命に別状のあるものではありませんが、放置しておくとふくらはぎや足のむくみ、凸凹とした血管の突出、こむら返り、痛みやだるさなど、様々な症状が起こります。最悪の場合は潰傷や出血などにも至ることがあるため、当院では早めの治療をおすすめしております。

なお、これまでの下肢静脈瘤の治療方法は「ストリッピング」と呼ばれる患者様の身体に負担の大きい切開による手術方法しかありませんでした。しかし、現在では2011年より保険適応の認可がおりた、身体に負担の少ない「レーザー治療」がメインとなっているため、切らない下肢静脈瘤治療が可能となっています。

当院では、ラジオ波を用いた血管内焼灼術など、業界の中でも新しい治療技術を導入しているうえ、これらの施術を保険適応価格でお受けいただくことができます。日帰りによる治療であるため、お忙しい方も安心して治療に専念していただけます。

たった今、下肢静脈瘤の症状に悩まされている患者様がいらっしゃいましたら、ぜひとも当院までお気軽にご相談くださいませ。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

今西 薫 医師

広島静脈瘤デイクリニック 院長

今西 薫(いまにし かおる)医師

経歴

1984年 広島大学医学部医学科 卒業
1984年 東京女子医科大学附属第二病院心臓血管外科 入局
1992年 東京大学医学部医用電子研究施設 文部教官助手
東京女子医科大学附属第二病院心臓血管外科 非常勤講師
1994年 東京女子医科大学附属第二病院心臓血管外科 助手
1995年 東京女子医科大学附属第二病院心臓血管外科 講師
1997年 東京女子医科大学附属第二病院心臓血管外科 医局長
2019年 1997年以降、複数病院の心臓血管外科を経て
広島静脈瘤デイクリニック 院長

所属学会

  • 日本胸部外科学会
  • 日本心臓血管外科学会
  • 日本脈管学会

資格・免許

  • 医師免許
  • 医学博士(東京女子医科大学、乙第1489号)平成6年9月取得
  • 日本胸部外科学会 指導医
  • 東京大学医学部 医用生体工学客員研究員
  • 東京女子医科大学 非常勤講師